鍼灸マッサージの保険申請ソフトの無料体験版を配布しています。自賠責保険にも対応しています。もちろん初回登録料や月額使用料など一切ナシ!

代理受領は大変重要な法的根拠に沿った請求方法です!

 療養費は、被保険者が治療院に治療費を支払った後に、被保険者自身が保険者に請求します。 しかし被保険者が療養費の請求に慣れている場合は良いとしても、実際は大変な労力を要します。

 

そこでこの請求作業を代わってしてあげたのなら、被保険者はどんなに助かることでしょう。 つまり被保険者の代わりに施術者が請求するわけです。現在は、被保険者のために療養費請求を施術者や鍼灸団体の代表者が代 わって請求し受領する、代理受領が一般的になっており、民法の643条にその法的根拠があります。


代理受領とは、Aという人がBという人にお金を貸したときにAがBにお金の 返済を請求する代わりに、第三者であるCという人にその請求権を譲渡して、Cが請求することが出来るということです。


これをAによるCへの権利の委任といいます。 CはAから権利を受任するといいます。療養費請求において代理受領をする場合は、被保険者に代わって、施術者が療養費を受領するということになります。

 

代理受領の方法は、所定の療養費請求用紙に被保険者の委任欄がありますから、そこに被保険者の署名と印を押してもらうだけです。健康保険を取り扱う場合、代理受領で請求することは大変重要なことです。

 

療養費請求を施術者の代理受領による請求にすることにより、被保険者は 書類作成の煩雑な作業から解放されます。 そして、そのことによって国民は健康保険で鍼灸マッサージにかかれる機会が飛躍的に広がります。

 

個人請求にも完全対応していますので、先生方の口座に、療養費や医療費の請求金額の全額が保険者から振込みがあり。資金繰りがたいへん楽になります(通常2~3ヶ月で入金)。

 

 

 

保険請求を初めて行う先生からベテランの先生まで個人請求のノウハウを伝授 申請~入金までメールで完全にサポートします。

 

請求業務実績(個人請求ならびに団体での請求業務)後期高齢者も対応してます。ほとんどすべてすべての自治体の保険者、また各地域の社会保険事務所 他組合共済会など多数の保険者に、個人および団体で療養費請求業務をして、支払いを受けております。申請書フォームは、厚生労働省通達の申請書フォームに準じて制作しています。

最新版鍼灸マッサージ保険申請ソフト MACにも対応 無料体験版はりま王ver12(90日間)はここをクリックしてください